幼児期(未就学児)の脳や運動神経の成長がこの時期に成人の70~80%が完成されます。

この幼児期に運動の大切さヲスケートボードを中心に 走る・跳ぶ・立つ・転がるを基本動作を身に着ける事で、敏捷性体感バランス感覚を学ぶことを基本に指導しています。

就学後から小学校卒業(12歳頃)までに敏捷の神経系が最ものび、反射神経が完成されます。
一流選手目指す児童にとって一番大切な時期で(ゴールデンエイジ)と言われております。
この時期に正しい指導の下に大きく飛躍する事はできません。
持久力や心臓や肺機能を高め、運動機能を高める運動や筋力トレーニングの指導もしております。
F2O PARKの指導方法として3歳児から50歳以上迄の初心者には転び方や足の置く位置、体感バランスのとり方など細かな指導をしています。

この基本理念の指導から。数多くの選手をスケート業界に送り出しており、上達する早道であります。
※用具の選択も(身長・肩幅)初心者やキッズに取っては、特に重要なポイントです。